Loading page... Loading page...

チャートのパターン

基本概念トレンド継続のパターン反転パターン

トレンド

サポートライン

レジスタンスライン

レンジ

レジスタンスライン

レジスタンス(抵抗線)を意識することは、為替取引を行う上で重要です。簡単に言うと相場が上昇する時の抵抗となるポイントがレジスタンスです。



抵抗線

逆に為替相場が上昇していく局面では、まだ破られていない一番近い「山」(直近の高値)が第1のレジスタンス(抵抗線)になり、続いて一番目の「山」よりも更に高く、そしてまだ破られていない「山」が第2のレジスタンス(抵抗線)になます。

  • いったんレジスタンスが破られると、そのポイントは、サポートに変わるケースも少なくありません。
  • これは、レジスタンスが破られた際に、まだショートポジション(売りポジション)を完全に切りきれていない参加者が戻りを待ち、ポジションを落として行くからです。
  • 多くの市場参加者は、このサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)を意識して売買を行います。




レジスタンスの意識

  • 買う場合には、サポート近くまで引き寄せて買いたいし、サポートが割れたら即座に損切りをするでしょう。
  • ショート・ポジションを持っている場合には利食いのポイントをサポートの手前にするケースもあるでしょう。 このように売買がサポート(支持線)やレジスタンス(抵抗線)付近で繰り返されるため、ある程度の動きは予測がつくようになります。

 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら