Loading page... Loading page...

アール・エス・アイ(Relative Strength Index - RSI)

 

目的

RSI(Relative Strength Index)は「相対力指数」とも呼ばれ、アメリカのJ.W.ワイルダー氏によって考案されたテクニカル分析(オシレータ系)です。一定期間(例えば14日)の株価の値上がり幅の合計と値下がり幅の合計をそれぞれ求め、それを以下の式で RSI値を求めます。



利用方法

RSIは0%から100%の範囲で推移しますが、結論から言うと

  • 70%超えは買われ過ぎ、
  • 30%割れは売られ過ぎの水準と言われています。


また14日間の値動きで計算される場合が多くなっていますが、短期売買を行う場合は9日間、超長期のトレンドを見るときは75日などを使うこともあります。

  • RSIにかぎらず、オシレータ系指標の傾向として、強い上昇トレンド(もしくは下降トレンド)の状況下では、売買サインが機能しなくなるという特徴があります。
  • つまり、買われすぎのサインが出ても相場が上昇したり、売られすぎのサインが出ても下降することが少なくないのです。


オシレータ指標を見るときのシグナルのひとつに「ダイバージエンス」と呼ばれるものがあります。

  • ダイバージエンスとは、値動きとテクニカル指標の動き方が逆行する現象のこと。RSーのダイバージエンスは、下図のチャートのように価格が上昇(下落)しているのにもかがわらず、オシレータ指標が下降(上昇)した状態を指します。
  • とくにRSIが70以上のレンジでダイバージエンスが出現した場合は、その後に高い可能性で価格が下落に転じることが多いため、「強い売りサイン」になるといわれています。




計算方法

RSI = 100 – 100/(1 + RS)
RS (14) = Σ(価格の上げ)/Σ(|価格の下げ|)

 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら