Loading page... Loading page...

商品チャンネル指数(Commodity Channel Index - CCI)

 

目的

考案者:ドナルド・ランバート(Donald Lambert)1980年。商品市場でのサイクル性を発見するために考案。



利用方法

オシレーター系の指標です。0ラインの交差でトレンドの転換を察知し、+100を上回ったら買い、-100を下回ったら売りと考えます。商品市場では、一定のサイクルで、高値、安値が繰り返されるとの前提で、買われ過ぎ・売られ過ぎの判断、売買のタイミングの判断を行います。ランバート氏は、サイクル完了期間の1/3を、CCIの期間に使うことを推奨しています。


20日間を例にとった場合、最初に一日ごとの高値、安値、終値の平均値を算出します。そして一日ごとの基準値と移動平均の値の差の20日間平均(平均偏差)を求めます。


  • ここでは、この値を「基準値」とします。


  • さらに、この基準値の20日間単純移動平均を算出します。


  • そして一日ごとの基準値と移動平均の値の差の20日間平均(平均偏差)を求めます。


  • これにより、直近の価格水準が設定期間中の変動幅の中でどのあたりの位置にあたるかを把握することはできます。


  • 値は下から基準線を横切るのは買いのシグナルになります。


  • 値は上から基準線を横切るのは売りのシグナルになります。





 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら