Loading page... Loading page...

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)

 

目的

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を基準にしてその上下に標準偏差の線を引いたものです。移動平均線と一緒にまとめて、1つのインジケーターとなります。ボリンジャーバンドはジョン・ボリンジャー氏によって考案されましたが、指標がバンドのようになっていることから、このような名前が付けられました。±2の標準偏差を扱った場合には、上下のバンドを取引価格値が越える可能性は約95パーセントと言われています。このため、通常ローソク足チヤートは、この上下2本のバンドの範囲に収まっているということになります。



利用方法

ボリンジャーバンドは3つのSMAから成っている:

  • - 20日のSMA+2ディビジョン


  • - 20日のSMA


  • - 20日のSMAー2ディビジョン


このような性質から、ボリンジャーバンドは相場において取引上のサインを判断するための指標として用いられています。 例えば取引価格が上下いずれかのバンドにかなり近づいた時には、そのバンドを超える可能性はとても低いということになります。そのため、逆張りの取引を行うという戦略が考えられます。また取引価格が上下いずれかのバンドを越えた場合は、強いトレンドが生まれたということで順張りの戦略が考えられるでしょう。


取引価格のチャートでなだらかな期間が続くレンジ相場では、もし取引価格がいずれかのバンドを越えたのであれば、それは強いトレンドが生まれたというシグナルとして取らえられ、順張りの取引戦略が考えられます。


つまり、「パラメーター」タブの中の「偏差」の数字が「2」の場合に偏差の数が「1」のボインジャーバンドを上下に引こうとするならば、「+0.5」と「-0.5」の2つの追加項目を作ることになります。




計算方法

ミドルライン(ML)はSMAラインです:


ML = SUM [CLOSE, N]/N


上のライン(TL)はML+ディビジョン(D)


TL = ML + (D*StdDev)


下のライン(BL)はMLーディビジョン(D)


BL = ML — (D*StdDev)


N — 計算された時間枠

SMA — 移動平均

StdDev — ディビジョン

 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら