Loading page... Loading page...

テクニカル分析の心理

 

 

テクニカル分析(Technical analysis)とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法である。 テクニカル分析には具体的な技法としていくつかの種類が存在するが、その考え方を大別すると次の2つに分けられる。

  1. 取引価格の上昇トレンドと下落トレンドの転換を見出す方法。
  2. 取引価格に対する値頃感、変動値幅を算出する方法。
  3. 価格の変更と人物心理の間に関係がある。

 

テクニカル分析が信奉される前提として、将来の取引価格が過去の価格や出来高等の取引実績により決定あるいは影響されるという非マルコフ過程的な動きをすることが確からしい命題であることが要請される。

 

多くの投資家がこの分析理論を有益であると考え売買に用いているが、多くの経済学者、金融工学者はこれを根拠が無く、科学的理論とはいえないと批判している。


テクニカル分析・ファンダメンタル分析


テクニカル分析・ファンダメンタル分析およびアノマリーにおいて、完璧に取引市場を予測しうるものは、現在存在していないし、将来に渡って完璧なものは存在しない可能性が非常に高いものである。


シグナル


指標自体のトレンドの方向性を判定するため、指標の移動平均をとったものをシグナルと呼ぶ。指標 > シグナルならば、指標自体は上げトレンドである。例えば、MACDのシグナルがMACDシグナルである。ストキャスティクスの%Dのシグナルは、Slow%Dと呼ぶ。


指標の指標


シグナルを一般化し、指標自体のトレンドの方向性を判定するため、指標の指標をとることができる。シグナル以外では、RSIのストキャスティクスであるストキャスティクスRSIなど。


トレンドライン


トレンドラインは外為取引投資用語で、テクニカル指標の一つである。上昇相場であれば、安値と安値を結んだ線、下降相場であれば高値と高値を結んだ線のことであり、トレンドラインが株価の心理的な抵抗線になる。テクニカルの基本中の基本であるが、プロに言わせて見れば、一番難しいと言う意見が実際に多くある。株価がトレンドラインを超えたからといって、必ず相場が反転するのでは無く、だましも多く存在する。

 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら