Loading page... Loading page...

口座タイプとスワップ値

不明点などがございましたら、お気軽にチャットでご質問下さいませ。
いいえ
はい
取引条件とスワップ値を見る取引条件とスワップ値を見る取引量証拠金取引時間注文の種類と発生の条件リスク警告クレーム処理規定集

注文の種類と発生条件

取引に際し幾つかの注文の種類がある。


成行注文

成行注文とは、時価での売買を行うように指示する事である。売買は瞬時にプラットフォームに表示されている時価、もしくは電話でディーラーが提示する価格で行われる。


高いボラティリティー(価格変動)の下で、ポジションを立てるにはは二つの方法で行われる。

  • ポジションを建てる際に顧客に対し新たな市場価格が提示される。
  • 顧客は、取引遂行のダイアローグボックスで「any price」に印を付ける事が出来る。この時ポジションは価格に対し開かれていて顧客からの注文が入った時点の市場時価が実際の価格となる。スリッページの大きさを顧客は自分で選択できる。

取引プログラムから入ってくる商品価格の情報は表示価格でディーラーが顧客の注文に提示する価格と合致しない可能性があります。市場価格に関する全ての結果はディーラーの力量に掛かっています。


指値・逆指値注文


指値・逆指値注文は、市場での時価とは異なる価格での売買を行う様に出す指示である。取引は注文時に出す条件が市場で満たされた時に遂行される。


休日や祝祭日後やマクロ経済指標が出された後などの高いボラティリティー下、又は価格不均衡の状態で、指値・逆指値注文はポジションを立てた時に相場の変動で市場に最初に現れた価格で取引されることがある。


一定の市場の条件では注文(売り指値・ 買い指値・ 売り逆指値・ 買い指値・ 損切り・利食い)を顧客の提示した価格では実行不可能な場合があります。その場合弊社は時価で取引を行うか、注文価格の見直しを行う権利を有する。この様な状況は取引始めやその他の原因で金融商品の価格が急激に変動したときに起こります。


指値・逆指値注文組み合わせ


オープン・ポジションまたは指値・逆指値に組み合わせて出される注文は2つに分類できる。それは損切り注文と利食い注文である。


損切り注文は、損失を可能な限り食い止めるための注文である。ポジション開設時や設定した指値・逆指値での価格よりも不利な価格が設定される。


利食い注文は指値で決済を終える注文である。ポジションを開設時の値段よりも有利な価格が設定される。


指値・逆指値注文の削除、指値・逆指値注文の取引停止、損切り注文もしくはテイク・プロフィット注文の成立に伴い条件付注文は自動的に削除される。


テイク・プロフィット注文は顧客の要望で行う。


損切り注文もしくはテイク・プロフィット注文は設定価格で行われ、高いボラテリティー(価格の予想変動率)の場合、可能な価格で行われている。


ОCO注文


OCO注文とは時価とは異なる価格での売買を行う注文です。種類の異なる2種類の注文を同時に出し、片方の注文が成立したら、もう一方の注文は自動的にキャンセルになる注文です。


他の執行条件付注文と同じようにOCO注文にも執行条件が科されています。


IFD/IFO注文


IFD/IFO注文とは、指値・逆指値の種類の一つで発注する価格を指定する注文方法です。


普通の指値・逆指値注文と同じように、IFD/IFO注文にも執行条件が科されています。

トレイリングストップ注文について


トレーリングストップとは、高値/安値に合わせてリアルタイムで逆指値注文を自動修正する自動売買です。売り注文の場合「高値円を逆指値とし、当日高値更新幅に合わせて逆指値を引き上げる」という注文になります。リスク管理に役立つ発注方法として知られています。日本株取引(現物・信用)において大手ネット証券で初めてカブドットコム証券が対応しました。




注文の執行規制はこちらです。

 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら