Loading page... Loading page...

外国為替について

 

外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、主に差金決済による通貨の売買を行なう取引を言います。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などとも言います。FXはForeign eXchange=外国為替の略に由来しています。海外ではForex(Foreign exchange)と呼ばれることが多いです。

外国為替市場は世界最大の取引場でありますが、小売業の人たちへの親しみは株式及び債券市場に比べると見劣りがあります。これは投資家間でFXに対する意識が足りない事、また為替のノウハウを理解していない事が大きな要因の一つです。また、NYSEやCMEのようにたくさんの人が特定の場所に集まって取引きをしない事も理由の一つかもしれません。しかし、それよってニュージーランドで取引き日を始め、他のタイムゾーンに移る事が出来、為替市場は24時間ベースである事が可能となるのです。

例えば銀行で円をドルに替えることもそのひとつです。ただテレビのニュースで聞く、あの外国為替レートはインターバンク市場(金融機関同士の取引)での相場です。それでは金融機関はどこで取引しているのでしょうか?東京証券取引所のような建物や、魚市場や青果市場のような決まった場所はありません。外国為替は金融機関同士の間で電話やコンピューター端末で毎日取引されています。それらの取引全部を総称して外国為替市場といいます。もちろん日本だけでなく、世界各国で取引されており、特に東京・ロンドン・ニューヨークが世界の3大外国為替市場と呼ばれています。

為替の取引時間には定時の始まりと終わりはありません。外国為替取引は決まった取引所はないので、市場を開ける・閉めるという考え自体ないのです。日本時間で16時~17時になると、日本国内での取引は少なくなりますが、そのころ朝を迎えたロンドン市場での取引が始まり、さらに22時頃にはニューヨーク市場の取引が活発になります。ニューヨーク市場が現地17時になる頃に日本は朝になり、取引は東京へ移って行きます。つまり外国為替は24時間取引されているのです。

国際決済銀行は、2010年4月の1日当たりの外国為替の取引額の統計を公表している。国別では、1日当たりの為替取引が最も大きかったのはイギリスであり、1兆8536億ドルと世界の36.7%を占めており、首都ロンドンが世界の為替取引をリードしていると言える。通貨別の外国為替世界シェアでは現在もアメリカドルが圧倒的な取引量を誇っている。

昔、為替市場は商業・ヘッジ・投機の通貨を取引きする銀行のコミュニティーのみに限られていました。Infin Marketsの様な企業が出来た事によって、小売業者や資産を運用する人、また一般のお客様に為替市場を身近な物と感じる事が出来るようになりました。ここ数年で、一般のお客様の為替の取引きの数は多くなりました。


 

NetTradeXとMetaTrader 4
パスコン、アンドロイド
モバイルの取引ツール
詳しくはこちら
取扱商品
外為、貴金属
--------------
他の取扱商品
詳しくはこちら